消費税増税!リフォームの工事費用はどうなる?ポイント制度もわかりやすく解説

消費税リフォーム

このホームページは初めてのリフォームする方・使い勝手が悪いところが増えたので、そろそろリフォームを検討中の方で、

「業者ってどう選べばいいの?」

「リフォームってどれくらいの費用と日数がかかるのか?」

などの不安や疑問をお持ちの方に、

「こんなはずじゃなかったのに!」

「もう少しああすれば良かった」

などと後悔しないために、

リフォームを成功へ導く必要最小限の知識住まいを快適に過ごすプロからのアドバイスを提供してまいります。

リフォームの教科書となるよう作成しましたので、施工前・施工時の困りごと等に活用していただきたいと思います。

今すでに解決できない住まいのお悩みがありましたら、下記のボタンからお問合せいただければ、迅速に対応いたします!

当アイピーハウスの最大の売りは問合せ・見積もりなど「迅速さ」と大手では目指していない住まいの点検など、小規模だからこそできるきめ細やかなサービスの提供にあります。

お見積、ご相談は一切無料です!気になる住まいの悩みを一つ一つ解決していきましょう!



早急(24時間以内)に対応させていただきます。

大至急リフォームに関する質問・悩みのある方はフリーダイヤル 0120-454282 までお電話ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いかにも博士
来る2019年10月、消費税がいよいよ8%から10%に引き上げになるのう!

住宅のリフォームを予定している人は「なんとか増税前にリフォームを済ませたい」「増税に関係なくリフォームしたい」と考えるかもしれません。

ここでは、消費税の基礎知識リフォームに関わる消費税増税に影響されないリフォームの契約や、増税に伴う次世代住宅ポイント制度ローン減税などの支援策についてご紹介します。

この記事があなたの求める理想のリフォームの実現に向けてお役に立てれば幸いです!

いよいよ10%に!消費税増税について

家主
消費税は、日常生活に最も密着している税金、10%になったら生活がどう変わっていくのかしら?
いかにも博士
ご存知かと思いますが、初めに消費税と増税の流れについて簡単にご説明します!

消費税の概要と増税の流れ

そもそも消費税とは、ものを「消費する」行為に課される税金のことで、1989年に税制改革の一貫として導入されました。

いかにも博士
当初は3%からスタートし、1997年には新設された地方消費税と合計して5%に、2014年には8%に増額され現在に至っておるぞっ。

今回の増税は、2018年10月の臨時閣議において10%に引き上げる方針が打ち出されました。

なお、この増税と同時に「軽減税率制度」を導入し、飲食料品の一部と週2回以上発行される新聞に対して8%を据え置くことも決定しています。

増税に関する経過措置

消費税の増税に関しては、電気料金等や通信販売、旅客運賃、請負工事などの10項目について「経過措置」が適用されます。

いかにも博士
これらは前もって契約を済ませれば、増税になる2019年10月以降の利用や納品でも消費税を8%に据え置くというものじゃ!

請負工事に該当するリフォームなどの経過措置については、後の項目で詳しくご説明します。

リフォームに関連する消費税

女子社員:福田
続いて、消費税はリフォームの施行費用にどのように影響するか見ていきましょう!

増税前と増税後のリフォーム費用

いかにも博士
結論から言えばリフォームの工事費用も消費税の対象となるため、増税前と増税後では金額が大きく異なるぞっ

例えば、100万円のリフォーム工事を依頼する場合、増税前の8%では合計が108万円ですが、増税後の10%になったときには110万円と同じ工事なのに2万円も多く支払わなくてはいけません。

500万円程の大規模なリフォームでは10万円もの違いが出てくるのです。

基本の額が増えれば増えるほど、消費税分に該当する額は大きく変わります。

消費税は手数料などにも響く

女子社員:福田
リフォームにおいては、工事費用以外にも「諸経費」という形で出費が伴い、当然これらにも消費税がかかってきます。

例えば、リフォームの現場を監督する人件費の「現場管理費」各種の「書類作成手数料」などのほか、交通費や通信費などが含まれる場合があります。

いかにも博士
また、長期のリフォームで住居を別に構えるケースでは、賃貸料や光熱費などの生活費も別途必要になるため、消費税増税はリフォームの施行費用にも大きく響いてくるのぅ。

駆け込み契約?増税前にリフォームするには

女子社員:福田
それでは、増税の影響が出ないようにリフォームを進めるにはどうすればよいのか、順に解説していきますね!

いつまでに契約すればいい?

いかにも博士
今回の増税による経過措置では、リフォームなどの請負工事は「2019年3月31日までに契約を済ませれば、増税になる2019年10月以降の引渡しでも消費税率は8%のままでよい」となっておるぞっ!

この措置を利用すれば工期がぎりぎりに終わるのを心配しなくて済みます。

女子社員:福田
反対に、4月1日以降に契約して引渡しが10月以降になるときには、消費税率は10%で計算をすることになります!

次の項目では、具体的なケースをわかりやすくご紹介します。

図解!10%になるケースとならないケース

女子社員:福田
リフォームの工事を契約する場合、消費税が8%で済む例10%になる例を具体的に見てみましょう!
【消費税8%で済むケース】

ケース①契約:2019年3月31日まで 引渡し:2019年10月1日以前
ケース②契約:2019年3月31日まで 引渡し:2019年10月1日以降(経過措置)
ケース③契約:2019年4月1日以降  引渡し:2019年10月1日以前

【消費税10%になるケース】

ケース④契約:2019年4月1日以降  引渡し:2019年10月1日以降

このように、8%で済む例は3パターンありますが、慌てて契約を進めるとリフォームの詳細について熟考できないため、満足のいく仕上がりになるとは限りません。

次にご紹介する契約プランの例を参考に、各家庭に合ったリフォームを施行することをおすすめします。

いかにも博士
「増税の前にリフォームを済ませよう!」と焦る人も多いかもしれんが、いったんリフォームの目的を見直し、各々に合ったプランで着実にリフォームを進めて行った方がいいぞっ!
【リフォーム計画がある程度決まっている場合】

リフォームの計画がほぼ決まっており、旅行や引越しなどの諸事情で工事をスタートできないときには、3月中に契約をしておけば増税の影響を受けることはありません。

【小規模のリフォームをする場合】

トイレやキッチンの一部、介護のための手すり設置など短期間で済むリフォームの場合は、4月以降に契約しても10月以前に間に合うと考えられます。

女子社員:福田
ただし、この時期は契約数が増えて通常よりも施行に時間がかかるケースもあるので、リフォーム会社と相談しながら進めてください!
【長期のリフォームをする場合】

大規模なリフォームをするときには予想以上に時間がかかることがあるため、焦らず余裕を持った施行プランを考えましょう。住みながらリフォームを行うのか、他に住まいを探すのかによっても状況は異なります。

【ゼロから取り掛かる場合】
女子社員:福田
これから住宅を購入する、介護認定を受ける、ローンの審査を受けるなど、まだ準備が充分にできていないときは焦らずじっくりと計画を進めましょう。次の項目で紹介する支援策を活用する方法もおすすめです!

次世代住宅ポイント制度とローン減税など

国は、増税後に住宅を購入したりリフォームしたりする人に対して、負担を軽減するための支援策を用意しています。

最後に、住宅ポイント制度や税の控除などを賢く利用する方法をご紹介します。

次世代住宅ポイント制度とは

いかにも博士
2019年10月の消費税引き上げに備え増税による駆け込み需要を抑止するために国が掲げた支援策の1つじゃよ!

該当する住宅の購入やリフォームに対してポイントを発行し、相応の商品などと交換できる制度です。

リフォームの場合、契約の期間は2019年4月1日から2020年3月31日引渡しは2019年10月1日以降に行なったものが該当します。

ただし、特例として経過措置と同様に契約を2019年3月31日までに行い、着工が2019年10月1日以降のリフォームも対象になります。

リフォームの適用ポイント例

女子社員:福田
リフォームの場合、ポイントが適用する工事下記の9点になります!

①窓やドアの断熱リフォーム
二重窓の設置、断熱ガラスへの交換、ドアなどの断熱改修など
例:ガラス交換 1枚につき最大7,000ポイント

②床や屋根などの断熱リフォーム
床や天井、屋根、外壁の断熱リフォーム
例:屋根や天井 32,000ポイント

③バリアフリーへのリフォーム
各所への手すりの設置、段差や幅の拡張などバリアフリーへのリフォーム
例:手すりの設置 5,000ポイント

④エコ住宅設備の設置およびリフォーム
太陽熱利用システムや節湯水栓、節水型トイレなどの設置とリフォーム
例:太陽熱利用システム 24,000ポイント

⑤耐震改修のリフォーム
1981年(昭和56年)5月31日までに適用された古い耐震基準の住宅を現在の基準に合わせるリフォーム
例:耐震改修工事 150,000ポイント

⑥家事を軽減する設備の設置およびリフォーム
食器洗い乾燥機や自動調理対応コンロ、宅配ボックス(住戸専用)などの設置とリフォーム
例:ビルトイン食器洗い乾燥機 18,000ポイント

⑦若者や子育て世帯が新築以外の住宅を購入した際に行うリフォーム
定められた規模以上のリフォームを行なうなどの条件がありますが、一戸あたり100,000以上のポイントがもらえます。

⑧リフォーム瑕疵(かし)保険への加入
リフォームなどの工事を行なった際、契約どおりの性能や品質に仕上がっていない状態を「瑕疵」と呼びます。

リフォーム瑕疵保険とは、瑕疵に対して補修を行なった業者へ保険金が下りる制度です。

この場合は国土交通大臣が指定した瑕疵保険に加入することを指し、契約すれば7,000ポイントを得られます。

⑨インスペクション(住宅診断)の実施
指定された資格を持つ建築士が基準に則って行なう検査のことで、実施期間や手続きなどに条件がありますが、一戸あたり7,000ポイントが付与されます。

次世代住宅ポイントの申請方法

女子社員:福田
次世代住宅ポイントの申請は、基本的には工事が終了してから次世代住宅ポイント事務局に必要な書類を提出して行ないます!

個人でも申請ができますが、煩雑なためリフォーム会社に代行してもらうことも可能です。

ポイントの申請は2019年6月頃から受付を行い、商品の交換は2019年10月頃から開始予定です。

ただし、合計が20,000ポイント未満の場合は申請ができないので注意しましょう。

なお、2019年3月9日この記事を執筆している時点で交換できる商品は決定していません。

リフォームのローンは減税の対象

女子社員:福田
そのほか、条件に合うリフォームを施行したときには所得税などが減税になる制度があるので簡単に目を通しておきましょう!

所得税に関するものでは、「ローン型減税」「住宅ローン減税」「投資型減税」の3つから選べます。

住宅ローン減税については、増税に伴い控除期間が3年延長されます。

それぞれ条件や控除限度額、工事の期間が決められているので、詳細はリフォーム会社に相談してみてください。

いかにも博士
また、固定資産税に関する「耐震リフォーム」「省エネリフォーム」などや、親や祖父母の資金援助で贈与税が非課税になる制度も利用できるようじゃ!

さらに、「すまい給付金」の制度は対象者と給付金を拡充する方向で支援しています。

すまい給付金とは


すまい給付金は、消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために創設した制度です。
消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円を給付するものです。平成33年12月まで実施。

おわりに

いかにも博士
今回は、消費税の増税が影響するリフォームや契約のタイミング、増税による負担を支援する制度についてお伝えしました!

長期のリフォームの場合は、2019年の3月末日までに契約すれば8%のままで施行できます。

女子社員:福田
今後しばらくは駆け込み契約だけでなく、東京オリンピックに伴う人手不足も考えられるため、予想通りにリフォームが進まない可能性もあります!
いかにも博士
消費税ばかりを意識せずに、他の支援の制度も賢く利用し、リフォーム会社と充分に話し合いを重ねながら暮らしに無理のない契約を進めていきましょう!

追伸

もし、あなたが リフォームのことでお悩みでしたら、当アイピーハウスにご相談ください。

お見積、ご相談は一切無料です!まずは一度ご連絡ください!

質問・お問い合わせは下記のアイピーハウス株式会社 お問い合わせフォームからどうぞ。

早急(24時間以内)に対応させていただきます。

大至急リフォームに関する質問・悩みのある方はフリーダイヤル 0120-454282 までお電話ください。

お忙しい中最後までお読みいただきありがとうございます。尚、他の記事も是非ご覧いただき、更にリフォームの知識を広げていただければと思います!

ホームページ内関連記事

リフォームの資金調達なら自宅担保の「リバースモーゲージ」

二世帯住宅のリフォームで押さえておきたい生前贈与・贈与税対策!

意外と知られていない公的機関のリフォームローンの種類と特徴

新規リフォームローンは待った!住宅ローンの見直しと借り換え!

リフォーム 資金調達なら、東京都・練馬区のリフォーム助成・補助金・ローンの支援制度で負担軽減!

3,332 total views, 5 views today

関連記事

  1. 住まい リフォーム
  2. 家具 インテリア
  3. ダイニング キッチン
  4. 太陽光発電リフォーム
  5. カビ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

質問・見積もり・お問い合わせ

今すぐ質問・お問い合わせしたい方は下記のお問い合わせボタンからどうぞ。

 

お見積、ご相談は一切無料です!まずは一度ご連絡ください!

 

 

お急ぎの場合はフリーダイヤル0120-454-282までお電話ください。メールはこちらへ

お急ぎの方はお電話ください

フリーダイヤル
日曜・祝日でも対応します。

最近の記事

  1. 電気自由化
  2. 太陽光発電リフォーム
  3. 背面収納
  4. 屋根塗装剥離
  5. ルーフドレンの傷み
  6. 床こども
  7. 水漏れ
  8. ガーデンリフォーム
PAGE TOP