オープンキッチンリフォームの課題【収納の悩み】を背面収納で一気に解決!

背面収納

このホームページは初めてのリフォームする方・使い勝手が悪いところが増えたので、そろそろリフォームを検討中の方で、

「業者ってどう選べばいいの?」

「リフォームってどれくらいの費用と日数がかかるのか?」

などの不安や疑問をお持ちの方に、

「こんなはずじゃなかったのに!」

「もう少しああすれば良かった」

などと後悔しないために、

リフォームを成功へ導く必要最小限の知識住まいを快適に過ごすプロからのアドバイスを提供してまいります。

リフォームの教科書となるよう作成しましたので、施工前・施工時の困りごと等に活用していただきたいと思います。

今すでに解決できない住まいのお悩みがありましたら、下記のボタンからお問合せいただければ、迅速に対応いたします!

当アイピーハウスの最大の売りは問合せ・見積もりなど「迅速さ」と大手では目指していない住まいの点検など、小規模だからこそできるきめ細やかなサービスの提供にあります。

お見積、ご相談は一切無料です!気になる住まいの悩みを一つ一つ解決していきましょう!



早急(24時間以内)に対応させていただきます。

大至急リフォームに関する質問・悩みのある方はフリーダイヤル 0120-454282 までお電話ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今回は毎日使うキッチン、「収納が少ない」「収納が使いづらい」といった悩みが多く寄せられます。

特に対面キッチンの1つであるオープンキッチンは、上部に収納スペースが無いので、収納の悩みが課題となりますが、背面収納を工夫することで使い勝手のよいキッチンに変わります。

今回は、オープンキッチンリフォームの課題となる【収納の悩み】を背面収納で解決するために、収納スペースのメリットデメリットや背面収納を選ぶ際の注意点、収納の種類と費用のほか、キッチンリフォームの進め方についても解説してまいります。

記事を読むことにより、あなたのリフォームに関する疑問・悩みが解消され、理想の住まいの実現に向けてお役に立てれば幸いです!

背面キッチン

機能的な背面収納にリフォーム、使いやすい対面キッチンに!

「背面収納」とは、オープンキッチンなどの対面キッチンの背面にある壁側の収納スペースを指します。

キッチン全体のイメージは、背面収納の種類や配置、色などの決め方によって大きく変わります。

逆にいえば、手前の対面キッチンと色やテイストがずれてしまうと、ミスマッチなオープンキッチンになりかねません。

また、背面収納は自由にカスタマイズできる分、たくさんの棚を作って詰め込み過ぎると圧迫感が出るだけでなく、使いにくくなる心配もあります。

リフォームの際は現在のキッチンにあるものを整理し、場所ごとに使う頻度の高いものを選びましょう。

また、キッチン内での動作を踏まえて、コンセントの配置やフリースペースなどについても具体的に考えながら背面収納のプランを立てていきましょう。

対面キッチンに合う理想の収納スペースとは?

それでは、対面キッチンにおすすめの背面収納のスペースについて、メリットデメリットを含めながらご紹介します。

見せる収納・隠す収納それぞれのメリットデメリット

収納には、オープン棚のように「見せる収納」と、扉を付けて「隠す収納」があります。

オープン収納VS.扉式(カップボード)

オープン棚は出し入れがしやすいため、よく使うものの収納に適しています。

また、空間をうまく利用すればおしゃれに演出でき、費用がかからない点も魅力です。

しかし、扉がない棚はほこりがたまりやすく、中が全部見えてしまうデメリットがあります。

一方、扉が付いた棚は全体がスッキリとまとまり、油やほこりを気にしなくてよい点がメリットです。

しかし、出し入れのときは扉を開閉する必要があるので、面倒に思う人もいるかもしれません。扉の様式については、後の項目でさらに詳しくお伝えします。

リフォームでカウンターをプラス

キッチンでは、毎日使用するポットや炊飯器、電子レンジなどの調理家電が使いづらいという悩みも多く聞かれます。

背面収納にカウンターを付けると、家電を置いたり、一時的にものを置いたりできるので、手前の作業テーブルにモノを置かなくて済みます。

背面収納にリフォームする際、ポットや炊飯器はカウンターに置き、電子レンジはサイズを合わせた棚に収めれば、出し入れなしですぐに使える状態が保てます。

コンセントはまとめて設置し、毎日使わない家電はカウンターの近くの棚に収納すれば必要なときに取り出せます。

フリースペースの確保

背面収納を設置する場合は、フリースペースを確保して食品などのストックやゴミ置き場に当てましょう。

ストックやゴミ置き場は扉を付けて、隠す収納がおすすめです。フリースペースの内部はカゴなどで区分けし、ひと目でストックがわかるようにします。

ゴミ置き場はシンクの近くに設置し、自治体の分別に合わせて区分けを行いましょう。

ただし、棚の容量が少なくゴミが入りきらない場合は、複数のスペースを使用してください。

収納は後付けもできる!?

すでにキッチンができ上がった状態で住宅を購入したときや、特にオーダーをしなかったときなどは、背面収納を後付けできるケースもあります。

ただし、背面収納を設置するには、棚の奥行きと人が通る幅を合わせて150~185cmほどのスペースが必要です。

これよりも狭いとキッチンを快適に使用できないため、事前に計測しておきましょう。

背面収納を後付けするときは、もともとのキッチンやリビングとのテイストや色に合わせて一体感を出しましょう。

背面収納を選ぶときの注意点

続いて、背面収納にリフォームするときの注意点をご紹介します。
背面収納

奥行き

ご紹介したように、背面収納は使用頻度の高いものを出し入れするため、棚の奥行きが少ない方が使いやすくなります。

奥行きの具体的な数値は、狭いタイプでおよそ45cm、平均がおよそ60~65cmです。

棚の高さは可変に

背面収納の棚は固定式ではなく、高さを変えられる「可変式」を選べば少ないスペースを有効利用できます。

家族が増えて食器などを買い足したときにも、可変式であれば対応ができます。

扉選びは失敗が多いため注意

背面収納をリフォームする中で、最も選択が難しい扉についてご紹介します。

キッチンの扉は、スペースや使い道を考えながらリフォームしましょう。

裏側も収納に使える開き戸

取っ手を引いて手前に開けるタイプの扉を「開き戸」と呼びます。

開き戸は、同じ側に開ける「片側開き」と、中央から両側に開ける「両開き・観音開き」があります。

開き戸は、出し入れしやすい上に大きなものの収納が可能で、扉の裏側にポケットを付ければ狭いスペースを有効利用できます。

しかし、奥行きが少ないキッチンでは開き戸の設置が難しく、扉を開けたまま作業ができません。

足元の開き戸を開けたままでは移動の妨げになり、上部の扉を開けたときには頭をぶつける心配があります。

引き戸は開けたままで作業可能

横にスライドして開閉するタイプの扉を「引き戸」と呼びます。

引き戸は開き戸のような開閉のスペースが必要ないため、開けたままでも作業ができます。

また、地震の際に中のものが飛び出す心配がなく、見た目がスッキリ仕上がる点もメリットです。

しかし、引き戸の棚は中央に置いたものの出し入れがしにくく、小さなお子さんが手を挟む危険もあります。

スライドの出し入れでけがをしないようにストッパーを付けておきましょう。

また、レールのほこりが気になるという人も少なくありません。

カップボードにも使える!背面収納の種類と費用

背面収納

次に、そのほかの背面収納に便利な種類とリフォームにかかる費用をご紹介します。

それぞれを組み合わせて、理想の背面収納を完成させましょう。

キッチンの引き出しは有効利用

引き出しは開閉がしやすいだけでなく、たくさん収納できる上に奥のものを取り出しやすい点がメリットです。

中のものがひと目でわかり、不自然にしゃがむ必要もありません。

近年では、開閉がスムーズにできる仕組みや2段式を取り入れている引き出しもあります。

しかし、引き出しは中が雑然としやすいので、仕切りをうまく利用して整理しましょう。

また、「深さが決まっているため入れるものが限られる」「開けたまま作業ができない」「費用がかかる」といったデメリットもあります。

空間利用には吊り戸棚がおすすめ

「吊り戸棚」は壁や天井に固定して設置する棚を指し、空間を有効利用できる便利な収納アイテムです。

吊り戸棚は、「ウォールキャビネット」と呼ぶこともあります。

一般的な吊り戸棚

吊り戸棚のほとんどは開き戸ですが、一部には引き戸や上に開くタイプの棚もあります。

吊り戸棚は普段あまり使用しないものの収納に適していますが、高さがあるため重いものや大きなものの収納は控えましょう。

吊り戸棚は、使う人の身長に合わせた高さに設置する必要があります。

低すぎると頭をぶつけることがあり、高すぎると上の棚のものが届きません。

身長が160cmの人の場合は、天井からおよそ75~65cmの位置に取り付けると無理なく使用できます。

昇降式の吊り戸棚

吊り戸棚は、レバーを引いて中の棚を手前に降ろせる昇降式のタイプもあります。

使う人の目の高さに棚が降りるため、中のものがスムーズに取り出せます。

昇降式の吊り戸棚には、電動で中の棚を降ろせるタイプもあります。

高いところが届かないとき、高齢になって引き下ろせないとき、ものの落下を防止したいときなどには電動式をおすすめします。

ただし、複数の吊り戸棚を設置すると、使わない棚が出たり圧迫感を与えたりすることがあります。

また、設置の場所によっては照明が十分に当たらないため、別の照明を取り付ける必要が出てきます。

ご紹介した背面収納のリフォームにかかる費用は、収納のサイズや素材、扉の種類によって変動しますが、20~50万円が相場になります。

オープンキッチンの空間に合わせて背面収納をオーダーする場合は、別途費用がかかります。

【必見】キッチン収納リフォームのプランの立て方

最後に、リフォームで背面収納を設置する際のポイントをご紹介します。

キッチンリフォームの目的と意図

キッチンのリフォームを行うときには、どのような目的でどのようなキッチンにしたいのか具体的に考えます。

例えば、「娘の家族と同居するのでたくさんの食器を収納したい」「高齢になったので使いやすいキッチンにしたい」などが挙げられます。

リフォームの目的と意図が決まったら、予算も算出しましょう。

よく使うものをピックアップ

リフォームを機に、現在キッチンにある調理器具や家電などを書き出してみてください。

よく使うもの、数カ月に1回使うもの、1年に1回使うもの、まったく使わないものに分類できます。

必要のないものは思い切って処分し、スッキリした状態でリフォームに臨みましょう。

キッチン内の動線を考える

「動線」とは、空間の中で人が移動するラインを指します。

キッチンの場合、例えば「冷蔵庫から取り出す」「調理器具を出す」「まな板でカットする」「ガス台で調理する」「皿を出す」「盛り付ける」という一連の作業の際に移動するラインを考えてみます。

オープンキッチンのリフォームの際は、何をどこに置けば一番効率がよいかじっくり検討しましょう。

既製品のシステムキッチンにはこうした動線を考えた収納システムも開発されていますので、展示場で実際に触ってみるのをおすすめします。

複数のリフォーム会社で見積り

目的や予算が決まり、動線のイメージができたらリフォーム業者に具体的な見積りをしてもらいます。

可能であれば複数の会社に見積りをお願いし、具体的な額や工期、対応やサービスなどを比較検討して1カ所に決定します。

収納の細かい設計と打ち合わせ

リフォームの業者が決定したら、具体的なサイズやデザイン、使用する素材などを入念に話し合いながら設計を行います。

主にキッチンを使う人が実際に立ち合い、手の届く範囲や動線などを確認しましょう。

背面収納は、シンプルな棚であれば数日、オーダーメイドであれば5日~1週間の工期を見ておくと安心です。

おわりに

今回は、オープンキッチンの背面収納について、収納スペースのメリットデメリットを挙げながら、背面収納を選ぶ際の注意点、便利な収納の種類と費用のほか、リフォームの進め方にも触れました。

オープンキッチンの使いやすさは、背面収納で左右されると言っても過言ではありません。

リフォームの目的とともに、さまざまな収納スペースの利点を生かしながら使いやすい背面収納を作り上げましょう。

キッチン情報のおまけです。

取っておきたい「キッチンの悩み解消チラシ」PDF

追伸

アイピーハウス株式会社は、現在お客様の抱えている住まいに関する悩み・不安の解消に努め、お客様が思い描くそれぞれの理想の住空間を長年の経験と実績により実現・追求してまいります。

お見積、ご相談は一切無料です!まずは一度ご連絡ください!

質問・お問い合わせは下記のお問い合わせフォームからどうぞ。


早急(24時間以内)に対応させていただきます。

大至急リフォームに関する質問・悩みのある方はフリーダイヤル 0120-454282 までお電話ください。

お忙しい中最後までお読みいただきありがとうございます。尚、他の記事も是非ご覧いただき、リフォームのお役に立てれば幸いです。

ホームページ内関連記事

キッチンに関する記事

台所リフォームはここだけ押さえて!後悔しないシステムキッチンの選び方

失敗しないキッチン(台所)リフォーム|アイランドVSペニンシュラ選ぶならどっち?

キッチン・台所 リフォーム【費用の相場】システムキッチンあなたならどう選ぶ?

収納・片付けに関する記事

オープンキッチンリフォームの課題【収納の悩み】を背面収納で一気に解決!

片付かない原因!キッチン・台所はリフォーム後が肝心!納得の片付け術

リフォームしたのに片付かない本当の理由とは?断捨離で解消!一番簡単な片付け術

550 total views, 4 views today

関連記事

  1. 床こども
  2. 浴室リフォーム
  3. 家具 インテリア
  4. トイレ リフォーム
  5. 住まい リフォーム
  6. 屋根塗装剥離

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

質問・見積もり・お問い合わせ

今すぐ質問・お問い合わせしたい方は下記のお問い合わせボタンからどうぞ。

 

お見積、ご相談は一切無料です!まずは一度ご連絡ください!

 

 

お急ぎの場合はフリーダイヤル0120-454-282までお電話ください。メールはこちらへ

お急ぎの方はお電話ください

フリーダイヤル
日曜・祝日でも対応します。

最近の記事

  1. 電気自由化
  2. 太陽光発電リフォーム
  3. 背面収納
  4. 屋根塗装剥離
  5. ルーフドレンの傷み
  6. 床こども
  7. 水漏れ
  8. ガーデンリフォーム
PAGE TOP